おいしい青汁のアレンジレシピって?

ふるさお青汁といえば、青汁の中でも人気があります。
このふるさと青汁の血圧改善効果は非常に高いとされていますが、この効果を最大限に発揮したくはありませんか?

そこでおすすめなのが、ふるさと青汁にバナナ、投入とを混ぜ合わせた青汁バナナ豆乳になります。
実は豆乳にはカルコンの作用を強められるイソフラボンの一種が含まれています。
血圧を整えるのに力を発揮してくれるんですよ。

さらにバナナを加えることによって、カリウムの量を増やすと同時にオリゴ糖、食物繊維の量も大幅に増やすことができます。
そんな豆乳、バナナ、豆乳は青汁をより美味しく飲むことができます。

そもそも、青汁と豆乳はお互いの栄養を阻害せずに摂取でき、お互いの風味を打ち消し合って飲みやすくしてくれます。

青汁は血圧にも効果的

青汁は高血圧にも効果的です。
青汁が高血圧に効くと言っても、ふるさと青汁は薬剤ではなく、健康食品の1つです。

あくまでも高血圧の改善をサポートするものなのです。
つまり、めっちゃぜいたくフルーツ青汁を飲んでも普段の生活がだめになれば意味がありません。

血圧を正常に戻すための方法を、高血圧の原因をしっかりと探っていくようにしましょう。
例えば、普段からお肉を食べ過ぎていないでしょうか。

お肉に含まれる動物性脂質というのは血液中における悪玉コレステロールの増加を招きます。
その結果、血管壁に悪玉コレステロールが蓄積して、血管を狭くしてしまいます。
さらに、お肉の食べすぎると内臓の脂肪がたまっていき、内臓脂肪型肥満の原因になってしまいます。

血液の粘度も高くなってしまいますし、血液がドロドロになります。
また、適量を超えたアルコール摂取にも要注意です。
血圧を下げる作用があると言われているアルコールですが、摂取しすぎてしまうと血管の収縮の原因になり、血圧上昇を引き起こします。

生活習慣というのは、なにかと疲れがたまりやすい現代社会において、過労、睡眠不足といった肉体的なストレス、心の病気にもなりやすいです。
実はこのストレスも血圧を高める原因になります。

血行が悪くなると、血液量を増やそうとして心臓からの血液の量が増加し、血管壁に圧力がかかり、高血圧の原因になります。

つまり、高血圧を避けるためには毎日の生活習慣が重要です。
そのため、青汁を飲むようにして、必要な栄養分を補給しながらも、どうじに健康的な毎日をおくるというのが高血圧を改善するうえで非常に重要になるのです。

コメント