青汁の材料と便秘との関係。青汁の効果とは?

青汁の材料って?

昔の青汁の材料は、苦味がとても強いケールを使用するのが一般的でした。
そのため、苦くて飲みづらいものでした。
しかし、最近の青汁の材料として代表的なものは、ケールだけではなく、大麦若葉、明日葉、桑の葉などがあります。
これらを単品、組み合わせるなどして造られているものが増えてきています。

また、飲みやすいようにハチミツなどの甘味料が加えられたり、その他の野菜や成分が含まれているものもあります。
製品によって材料の配合や含まれる成分が違ってきます。

・ケール
非常に苦みが強い
ビタミンやミネラルをバランスよく豊富に含まれている
栄養価は野菜の中でも高い
カルシウムは他の野菜の中でも豊富
メラトニンによる睡眠の質が向上
美肌効果、便秘改善、高血圧予防

・大麦若葉
ほのかな甘みで飲みやすい
食物繊維がケールより豊富
美肌効果、便秘改善、高血圧予防、その他生活習慣病予防

・明日葉
食物繊維がケールより豊富
豊富なβカロテンとカルコンによる抗酸化作用が高い
造血作用のあるビタミンB12が豊富
カリウムが豊富
・美肌効果、便秘改善、むくみ予防、高血圧予防、その他生活習慣病予防

どう選ぶ?

種類が多い青汁をどのように選ぶべきなのでしょうか。
青汁を選ぼうと思っても、種類が多すぎて悩むものです。
青汁と一言で言っても実際には材料が全く違ってきます。

材料が違っても、食物繊維、ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいます。
期待できる効果は大きな違いはありません。
しかし、得たい効果によって必要な栄養成分が違ってきますので、青汁を選ぶときには効果にあわせて栄養成分を確認しつつ選ぶようにしましょう。

飲みやすさを重視して甘味料やフルーツ含有量が多く含まれる青汁もあります。
緑黄色野菜を多く含むものを選ぶというのもおすすめです。

【PR】青汁人気ランキングフルーツ青汁人気ランキングが最新版になっています。

飲む時に注意すること

飲む際に注意すべきことがいくつかあります。
ワーファリンという血栓を溶かす薬剤を内服しているのであれば、青汁を控えるか医師に相談してください。
青汁に含まれるビタミンKが、薬剤の効果を弱めてしまいます。

また、健康な方でも体質によっては、お腹がゆるくなることもありますので、その場合には飲み方をしっかりと見直しておくようにしましょう。
飲み過ぎに注意して、毎日の栄養補給のサポートの1つとして青汁を飲むようにすることで、非常に効果的に、そして手軽に健康を維持することができるのではないでしょうか。

便秘を解消したいならいつ飲むのが理想的なの?効果を実感しやすいのは?

青汁は低カロリーなので、夜飲んでもダイエットにはあまり影響しないものです。
それどころか、夜寝る前の水分補給に最適です。
また、水分と一緒に植物繊維も摂取できますので、便秘解消にも非常に効果的です。

青汁の飲み方で注意すべきことは?

青汁の飲み方で注意したいことについてご紹介します。
青汁は食品なので適正量を守るということが大切です。
体によいからといって、いくら飲んでも良いというわけではありません。

飲めば飲むほど健康になるのかといえばそうでもないのです。
青汁の適正量はメーカーや商品によっても違いがあるのですが、1日あたり1杯から2杯が理想的です。

まれに青汁の成分を過剰に摂取することによって体に影響を与えてしまうことがあります。
持病がある場合は青汁を飲んで良いのかどうか、医師や病院に相談してみるようにしましょう。
青汁によってはそのままでも美味しいというものも多いですが、慣れるまでには独特の味になかなか馴染めないものです。
そのような時には、飲み方をちょっとだけアレンジしてみると美味しさもアップします。

投入や牛乳とあわせる

豆乳や牛乳と合わせて飲みやすくしましょう。
豆乳や牛乳を合わせると苦みや青臭さが軽減されるので、味がとてもマイルドになります。
小さなお子さんでも飲みやすくなります。

豆乳に含まれる大豆たんぱく質というのは満腹感を感じさせやすくなって食事のカロリーを抑えたいという方にも最適です。

青汁の味は個性的なので、初心者は飲むのに抵抗を感じることもあるでしょう。
そのため、できるだけ継続して飲むための工夫をしてみてください。

青汁を飲むのに適した時間ですが、基本的に青汁を飲む時間に決まりはありません。
しかし栄養をしっかり取りたいなら朝起きてすぐに飲むというのがおすすめです。
目覚めたばかりの体というのは水分を欲している状態ですので、起きてからすぐに青汁を飲むようにすると目覚めもよりすっきりします。

飲みやすいと評判のフルーツ青汁は女性に人気ですね。

食前に飲んでみる

食事の前に飲むことで食べ過ぎ防止にも効果的です。
もしダイエットを意識しているのであれば、食事前に飲むことによって食欲を抑えることもできます。
栄養も吸収しやすくなりますので、メリットが大きいですよ。
青汁は急激な血糖値の上昇を抑える働きもありますので、血糖値が気になっている方も、食前に青汁を飲むという習慣を身に付けるようにしてみてください。